自主保全士受験者支援


自主保全士実技試験について

 自主保全士試験で行われる実技試験は、実際の作業を行うのではなくペーパー試験によるものです。

 2級においては、設問に対する解答を語群など多肢選択の回答を行います。1級では語群等の多肢選択に加えて計算、論述、グラフ作成や図面作成など記述による回答も含まれます。

 共に10課題程度出題され、実技試験の時間は70分です。

 75点以上が合格ですが、設問個々の配点は公表されていません。

 毎年8月上旬に実技試験の課題が公表されるので、ある程度範囲を絞って勉強をすることができます。

詳細はJIPM 日本プラントメンテナンス協会 自主保全士 サイトへ


昨年(2010年度)実施された実技試験問題

〜 実技試験1級 〜


  〜 実技試験2級 〜

実際の試験問題は、JIPMより過去問題集として発売されております。

詳細については、ご購入してご確認いただけますようお願いいたします。



自主保全士検定試験傾向と対策新版(第2版)

ご購入はこちらへ


自主保全士検定試験実技問題の解説(2011年度版)

ご購入はこちらへ